天命寄り添うことはびいきだけじゃストップ

好きだから婚姻目指す。

ライフを寄り添う上で大事な意気込みです。

も、『びいきだけじゃ婚姻できない』ってとことん言います。

依然として恋に恋してるような若い頃なら今ひとつ謳い文句じゃないかなと思いますが、生きて色んなチャレンジをしてると意向がわかって生じる。

アニマルをびいきだけじゃ飼えない。ここに置き換えて考えると分かりやすいと思います。

アニマルがびいき→アニマルを飼いたい→用心がある→糞弁の用心、めしの用心、犬ならお散策、病になったときの用心、完結を見届けるタイミング。

手続きには愛が不可欠です。

自分のタイミングよりもアニマルがプライオリティ。

びいきとは別にそのお子さんにトータルを注ぎたい、注ごうと思えるだけの愛。

アニマルはヤツよりも寿命が少ない。

けれども15年代20年代と通じるアニマルにとってのライフを助ける、寄り添う精神があるのか。不愉快になって投げ出さないか?

それができるのは、ただびいきだけではなく自己犠牲を苦とも思わずできる意気込みがあるか。

婚姻も一緒で、好きだからではなく、彼女の宿命何があっても自分が支えたいと思えるか。

自己よりも彼女を優先して図る事ができるか。

一番大事なのはそちらじゃないかなと思います。

その意気込みが、好きではなく愛情なんだと思います。

ライフ寄り添うことは奥深い愛がなければできない。

ただ好きでは禁止。

忘れかけてたヤツは思い出してほしい。

依然として知らないヤツは、これからのコンタクトの中で見つけてほしい。ヤミ金難点に誠実に当日対応して受け取る

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.