レポーターの業は、戯言を尽き断ち切る事が長続きさせる秘策

急がば回れという声明がありますが、それとまだまだ内訳は違うのかもしれません。
けど、私の中では同じです。

とある状況で、自分が書けそうな書き物状況を今の内に書き込めるだけどんどん書いても、後におんなじ状況が改めて出た時折ギャグが尽きているという状況は、良くある話です。
書き物を書く事業は、ギャグが持ちきりからこそ続けて書く事がやれるといったボクは思います。
なので、次はいつおんなじ状況が出るか思い付かからと言って、目下記せるだけ書くという意見を起こさない事が、賢いクセというものです。
せめて、ボクはそう言う風にギャグを幾つか積み増しながら、書き物を書く事業を行っています。
ただ、目下でしか書けない書き物もあったりして、それは仕方が無いポイントなので、そう言った事業は出来るだけ多くの書き物を書く様にしています。
つまり、ケースバイケースだ。
ですが、おんなじ状況が次回出たときのギャグはせめて予約はしておかないと、レポーターの事業は出来ません。
という事で、ギャグが尽きてしまわない程度に頑張って、ボクはレポーターの仕事をしています。iPhoneに安価にMNPする方法

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.